【レビュー】スタンド部に置くだけで電源が入るBluetoothキーボードTK-FBP067


本文

Bluetoothキーボードは既にいくつか持っているので、あんまりBluetoothキーボードばっかり買ってもな~と思っていたものの、まさにこういうのを待ってました! というズバリなものが出てきたので、欲しくなって買っちゃいました。 ELECOM ワイヤレスキーボード TK-FBP067 です。

スタンドにタブレットを置くだけで使えるキーボード!

スタンド機能付きで、机の上だけでなく、膝の上でも使えます。特筆すべきは、スタンド部に電源スイッチが付いていて、置くだけで使える・外すと自動的に電源が切れるということ。端末の電源入れて、キーボードの電源入れて~という準備がいらないので、PC本体をスリープから起こして置くだけでもう使えます。便利。

スタンド部は2種類のアジャスターで3種類の厚みに変更可能。VivoTab Note 8は薄めのアジャスターを付けたときが一番しっくり来ました。アジャスターを付けなくても置けないことはないので、できるだけ角度を倒したいのであれば付けないほうがいいのかも。アジャスターはプラ製ですが、スタンドの受け側はゴム製で、それなりに保持力があります。

スタンドに置かなくても使えます

スタンド部以外にも電源スイッチがあり、そこがOFFの場合はスタンド部に置いた場合のみ電源が入り、ONにするとスタンド部に置かなくても電源が入った状態になります。つまり、必ずしもスタンド部に置かずとも、離して使うこともできるんですね。よく考えられてます。

キー配列は素直(独立ファンクションキーあり)

キー配列は非常に素直な日本語キーボードで、ファンクションキーも付いています。ファンクションキーのないBluetoothキーボードは意外と多くて、いざ使おうとすると不便に感じたりするので、独立ファンクションキーありはうれしい。

パンタグラフ式のキーはこのサイズのキーボードとしてはそれなり。スタンド部に向かって山型に角度が付いているので打ちやすくなってます。ただ、持ち歩くにはその形状がちょっと邪魔ではある。重さもそれなりにあり、持ち歩きはあまり想定されていないのかもしれない。パッケージにも「据え置き型」って書いてあるし。

VivoTab Note 8用に買ったけど、実はサイズ的にはむしろArrows Tab QH55/Mにこそぴったりな感じ。マルチペアリングに対応してないのが惜しい。

電池が切れてもUSB接続で使える

このキーボードは単三電池1本で動作しますが、電池がなくてもUSB給電(microUSB)で使えるのも面白いところです。 USB接続のバージョン も出ていますが、Bluetooth版もUSBで使えるならBluetooth版を買わないともったいないですね。

配色がイマイチ

機能的にはいいところばかりなのですが、スタンド部の黄緑の配色がちょっと気持ち悪いのが難かな…オレンジとか赤とかならよかったのに。ちなみに裏はこの黄緑一色です。

おわりに

細かく見ていくと弱点もいくつかあり、値段もお高めではありますが、「置くだけで使える」「まともな配列」、この2点だけで満足度高いです。色が気にならなければオススメ。