N-trig Wintabドライバがダウンロードできなくなっていた件&新しいダウンロードリンクについて


約2か月ほど前に MicrosoftがN-trigの買収を発表した のも記憶に新しいですが、それに応じてなのか、N-trigのサイト(http://www.n-trig.com/)を見ようと思ったらアクセスできなくなっていました。合掌。

じゃあWintabドライバがダウンロードできないじゃないか! とちょっと慌てましたが、ちゃんと別のところで公開されていました。

Wintabドライバとは何ぞや(読み飛ばし可)

これについては前にも何回か書いているので簡単に。

Microsoft WinTab(旧:N-trig Wintabドライバ)は、Surface Pro 3やSurface 3などに搭載されているN-trigペンを使う際に、Photoshop(CS6以前)やSAI(Ver.1.x)などで筆圧を効かせるために必要なソフトウェアです。N-trigペン以外でもWintab APIが使えない筆圧ペン全般で使えるようです。

TabletPC APIに対応していないお絵描きソフトを使うときは、これを入れないとペンで描いてるのにマウスで描いたような一定の太さの線になります。

Wintabドライバはどこからダウンロードすればいいの

N-trig Wintabドライバは、今はMicrosoft WintabとしてMicrosoft ダウンロード センターで公開されています。

Surface ペンのトラブルシューティング に、ドライバのダウンロードからインストールまでの記載がありました。すごいぞトラブルシューティング。

手順 1: ブラウザーを開き、Microsoft ダウンロード センター の Surface ソフトウェア、ファームウェア、およびドライバーのページに移動します。
手順 2: [ダウンロード] を選択します
手順 3: 一覧の下部までスクロールし、Wintab で始まる名前の .zip ファイルのチェックボックスをオンにして、[次へ] を選択します。
手順 4: [開く] を選択します
手順 5: .zip ファイルからファイルを展開し、WinTab_Setup_x64.exe ファイルをダブルクリックして実行します。表示される手順に従ってインストールを完了します。
Surface ペンのトラブルシューティング:一部のアプリでペンの筆圧感知が機能しない

と、これをChromeでダウンロードしようとしたらダウンロードできませんでした。IEを使いましょう。さすがマイクロソフトですね。※記事記載当時の状況。現在はChromeでもダウンロード可能のようです。

念のためドライバファイルの直リンクも貼っておきますね。