新Surface Pro予約開始、6月15日発売 ただしペンは別売りで後日発売


本文

今回は日本でも同時に売ってくれるようでよかった! ただし新型Surfaceペンは別売りで後日発売。

icon

新Surface Proのスペック

  • OS:Windows 10 Pro
  • CPU:第7世代(Kabylake)Intel Core m3 / i5 / i7
  • メモリ:4GB / 8GB / 16GB
  • ディスプレイ:12.3インチ 2,736×1,824 (3:2、267ppi)
  • SSD:128GB / 256GB / 512GB / 1TB
  • サイズ:292.10mm(幅)×201.42mm(奥行)×8.5mm(高さ)
  • 重量:766g(m3モデル) / 786g(i5モデル・i7モデル)
  • ペン:オプション(筆圧4,096段階、傾き検知対応)
  • タッチ:10点マルチタッチ
  • キーボード:オプション(着脱式)
  • キックスタンド:無断階(0~165°)

新Surface Pro(第5世代)はSurface Pro 4の後継機で、今回から番号がなくなりました。m3/i5/i7モデルがあり、うちm3/i5モデルはファンレス。MicrosoftPen(旧N-trig)形式の筆圧ペンや、ダイヤル型デバイス「Surface Dial」も利用できます。マイクロソフトストアなら30日間返品保証があり自由に返品できるため、気軽に買ってみてもいいと思います。ペンが発売したらですが。

新型ペンは今回から4096段階の筆圧検知と傾き検知に対応したほか、視差、ON荷重、ジッター(カーソルブレ)、表示遅延の改善などをアピールしているのが気になるところです。具体的にはON荷重は9g、精度は従来機の2倍以上、表示遅延は21ミリ秒とのこと。ペンが4色あるので別売り自体はアリですが、なんとか本体と同時発売にしてほしかったところでした(ペンが後日なのは日本に限らず、全世界的にそうのようです)。

ちなみに新タイプカバーの発売も7月です。